夢のマイホーム計画!よくある失敗例《第二弾》

マイホーム計画

 

こんにちは☺元インテリアコーディネーターのあいぽんです。

夢が膨らむマイホーム♡建てた後に後悔したくないですよね!

今日は私がお客様から聞いた・経験した『よくある失敗例《第二弾》』をご紹介します。

マイホーム建築中の方はぜひ見直してみて下さい。

第一弾もチェックしてみてね☺

夢のマイホーム計画!よくある失敗例《第一弾》
元インテリアコーディネーターが実際にお客様から聞いた失敗例や、経験談を伝授! 一生に一度の大きなお買い物であるマイホーム。 失敗しないためには事前に見る!聞く!調べる!

マイホーム計画のあるある失敗例

提案者も人間ですもの。見逃したり、失敗したりすることもあります。

担当営業マンに任せっきりにしないで、実際に住んでみた時のイメージを膨らませながらココは大丈夫かな…?っとチェックしてみて下さい☺

  1. カップボード(キッチンの食器棚)の奥行チェックしてますか?
  2. アクセントクロスを貼る壁には何か部品は付きますか?
  3. エアコンの設置場所は?工事業者は?

カップボード(キッチンの食器棚)の奥行は何cm?

キッチンメーカーにオーダーする際や、自分で購入する時は特に奥行に気を付けて下さい。

なぜかというと…

オーブンレンジや電子レンジの奥行が結構大きいものが増えているのです。

ヘルシオとか結構奥行が大きいんですよ。

購入前にカップボード(食器棚)の奥行が【45cm】あるかないかをまずチェックして下さい!

あいぽん
あいぽん

オーダーの場合、コストを抑えるために初めは奥行40cmで提案してくる場合もあるので要チェックです。

アクセントクロスに換気口や給気口…!

第一弾でもお話ししましたが、アクセントクロスに何か部品がくるとせっかくのアクセントが台無し…!

夢のマイホーム計画!よくある失敗例《第一弾》
元インテリアコーディネーターが実際にお客様から聞いた失敗例や、経験談を伝授! 一生に一度の大きなお買い物であるマイホーム。 失敗しないためには事前に見る!聞く!調べる!

換気口や給気口のカバーも白い部品なので、照明のスイッチやコンセントと同様に浮いて見えちゃいます。

気にならない人もいるかもしれませんが、せっかくこだわったお部屋はスッキリさせたくないですか?

どちらかというと奥さんの方が気になる人が多いのかもしれません。

でも、間取りやエアコンの設置位置次第で、アクセントクロス側に換気口や給気口を設置しなければいけない場合もあります。

あいぽん
あいぽん

要するに『アクセントクロスをしない方がお家はスッキリ』する!

だけど、やっぱり可愛いクロスがたくさんあるので使いたい♡という要望をお持ちの奥様がたくさんいました。

アクセントクロスを使いすぎるのもよくないですよ☺

エアコンはどこに取り付ける?設置工事業者はどこ?

照明やカーテンレールに干渉して指定した位置に取り付けが出来ない時がありました。

平面図にエアコンの位置が記載されていることは多いですが、展開図などにもエアコンの位置を記入してみて干渉している物がないか確認しておいた方が安全です。

また、外断熱工法の住宅の場合は必ず契約会社に相談して下さい。

なぜかというと、外断熱工法は「気密性」が重要なのです!

気密性とは…
お家を作る際にできる隙間のこと。断熱材の種類やボードの施工次第で気密性をグーンとあげることもできますが、大工さんの腕が良い程気密性は高いですよ♡

安いからといって他社で取り付けを依頼して、壁に穴を開けると気密性がガクッと落ちてしまうことがあります。

あいぽん
あいぽん

エアコン取り付け工事は「お家に穴を開ける工事」です!簡単そうな工事ですが、意外とお家の性能にとっては重要な工事なんです。

なので、信頼できるお家を作った業者さんに頼むことをオススメします。

あいぽんの一言。

今回は、見逃してしまいそうな失敗例をご紹介しました。

特にアクセントクロスを使用する際はいろいろ細かいところまでチェックしていただきたいです。

本当はいろんな種類のクロスをたくさん使わない方がオススメなのですが(ミスも増えるため)、カタログを見ると可愛い柄のものがたくさんあって使いたくなりますよねー!♡

でも、長年住む家ですから飽きそうだな…って少しでも思ったら辞めることも想定して下さいね☺笑

そして、私は外断熱工法のハウスメーカーに勤務していたのでかなりの「外断熱工法推し」です。

次回は外断熱のことも熱く語ろうかしら…♡

コメント